スクール・オブ・ロック

 

信じて、任せる

 

ジャック・ブラックという俳優がいる。“テネイシャスD”というコメディ・バンドもつくり、その過激なパフォーマンスときわどいジョークで大人気だそうな。そして、これは、そのジャック・ブラックのために作られた映画である。ジャック・ブラックならではの味が出せる役どころ・ストーリー、彼の才能を十分に堪能できる映画。それが、「スクール・オブ・ロック」だ。

 

ロックを愛してやまないバンド・マンのデューイ・フィン(ジャック・ブラック)は、過激すぎるパフォーマンスのせいでバンドを追い出され、山のような借金と憂鬱と向き合うことになる。そんな時、居候させてもらっている友人宅にかかってきた電話を取ったことから、その友人になりすまし、厳格な私立の名門小学校に代用教員として雇われることになった。しかし、教育のことはなにひとつわからないデューイは、子どもたちを相手に“ロックの授業”を始める。規律に縛られ、個性を失っていた子どもたちは、彼のハチャメチャな態度とロックに傾注する情熱にすっかり影響され、みるみるうちに輝いていく。かくして子どもたちとバンドを組んだデューイは、入賞をめざしてバンド・バトルに出場することとなった。

 

小学校に雇われたはいいが、まったくやる気のなかったデューイの心に火をつけたのが、ミュージシャンとしての才能にあふれた子どもたちだった。リード・ギターの引っ込み思案のザックをはじめ、ベースのお嬢様ケイティー、キーボードを自在に操るけれど自分はダサいと思っているローレンス、クラスの反逆児フレディはドラムを担当し、トミカはその類まれなる歌唱力でデューイを驚かす。優等生サマーはバンド・マネージャーとして辣腕をふるい、その他特殊効果や警備担当など、子どもたちは一人残らず仕事を与えられ、クラス・プロジェクトを成功させるために全力を注ぐのだった。

 

デューイが子どもたちと接する姿勢から学ぶことが多くある。彼は、いいかげんなように見えて、子どもの良いところをしっかりほめ、悪いことをしたときはしかる。子どもの話をよく聴き、子どもと一緒に悩み、考え、子どものことを理解しようと努めている。自分を誇れる人間だと思い、子どもたちにいったん仕事を与えたら、信頼して任せるのだ。

 

なかなか子どもの力を信じるというのは難しい。けれど、大人が思っているよりもずっと子どもたちは能力を持っているのかもしれない。そして、その能力を発揮したがっているのではないだろうか。大人がそれに気づかずに、先回りして邪魔していることがたくさんあるのではないか。任せてもらって、責任をもって仕事をして、その成果をほめてもらえたら、どんなにか気分の良いことだろう。

大人は、子どもたちに、自分たちの力を発揮できる「場」を用意してやる必要がある。そして、信じて任せること。すると子どもたちは、私たちの想像をはるかに超える「潜在能力」を発揮するのである。学校で、家庭で、あるいは地域社会で、「子どもたちが活躍する場」を確保してやることが必要なのだ。

 

子どもたちの純粋さが、大人の純粋な心を呼び覚ましてくれる。そんな素敵な映画である。「ロックなんて興味がない」と思っているあなたも、この映画を観終わったときには、ロック魂が目覚めているはず。(G)

 

03年・米・108分・UIP配給

 

 

↑Page top