スタンドアップ

 

一人でも立ち上がる

 

彼女が欲しかったのは生活の糧を得る仕事。でも、その代わりに彼女は歴史を作った。

 

アメリカ合衆国において、初めて大きな勝利を収めたセクシャル・ハラスメント訴訟を映画化。炭鉱労働者として働く中、さまざまな嫌がらせに耐え、裁判を起こし、1984年歴史的な一歩を勝ち得た一人の女性の物語である。

主演はオスカー女優シャーリーズ・セロン。彼女が演じるジョージーは、夫の暴力に耐え切れず、2人の子どもとともに生まれ故郷のミネソタに帰ってきたシングル・マザー。友人のグローリーから地元の炭鉱会社が女性を雇っていることを聞き、仕事が欲しくてたまらなかったジョージーはそこで働き始めた。

圧倒的な少数の女性労働者に対して、炭鉱の男性労働者はあらゆる方法で嫌がらせをする。耐え切れなくなったジョージーは裁判を起こす。彼女は、女性の同僚に「これは、女性みんなの問題よ」と訴えるが、誰も相手にしない。解雇されれば自分たちの生活が立ち行かなくなるのだ。

孤立する中ジョージーは立ち上がる。どうしても譲れない一歩のために彼女は立ち上がる。世の中きれいごとではやっていけない。長いものには巻かれておけば楽なのだ。しかし、彼女は自分の信じた道を歩いていく。自分で選んだ道を、たった一人で歩いていく。

ニキ・カーロ監督は鋭い眼で美しく詳細に物語を描き出す。しかし、これはシャーリーズ・セロンの映画である。彼女は素晴らしい。ありとあらゆる感情の変化を事も無げに表現し、観ているものを引き込み、いつの間にか観衆に「これは自分の物語だ」と感じさせてしまう。

 

セクシャル・ハラスメントが社会的に認知されたのは、ほんのここ10年くらいのことである。女性を一人前の職業人として扱わない意識が、言動となって表れる問題と言える。職場において「女」としての性の観点から見がちになったり、「性的な言動についての受け止め方が、男性も女性も同じだと思っている」男性がいたりすることから起こる。容姿、年齢、結婚、妊娠を話題にすることをいやがる女性の存在に無頓着。何かと言うと酒の席でコミュニケーションを図ろうとする。ああ、本当に男は単純で、デリケートな女性の心理を慮ることが下手くそだ。

日本の社会は、まだまだ未成熟である。しかし、セクハラという言葉が定着していくにつれ、女性が今まで我慢してきたことをやっと男性諸子に面と向かって文句を言える環境が出来あがりつつある。

弱者や少数派の人たちを蔑ろにしないということを肝に銘じて生きていかなくてはならない。そして、自分がその立場になったとき、味方がいなくても、たとえ一人でも立ち上がったジョージーの生き方を、ほんの少しでも真似できたらいいなあと思う。

 

絶対的な力に抑えつけられながらも立ち上がった勇気ある人々の物語に、私は泣いた。見ごたえのある2時間。こんな作品に出会えるから、また映画館に足を運んでしまうんだなあ。(G)

 

2005年・米・126分・ワーナー・ブラザーズ映画

 

 

↑Page top