会員の募集について(趣意書)

 

当法人は、人権問題について深く学び研究し、その利益を県民全体に還元する目的で、2004年1月に設立された公益法人です。学校における授業の研究にとどまらず、社会で起こるさまざまな人権問題について考える機会の設定、資料の配付、書籍編集などを行っています。前身の大分県同和教育研究協議会(1976年発足)以来開催している大分県人権教育研究大会(ヒューライツフォーラム)では、県内各地域の社会教育、学校教育における人権教育の取り組みが報告され、参加者による論議が重ねられています。

 

21世紀は「人権の世紀」と言われています。しかし、私たちの身のまわりには、まだまだ解決すべき人権問題そして新たに生まれてくる人権問題がたくさんあります。

 

当法人の目的は「本会は、人権という普遍的な文化の創造と共生社会の実現をめざし、人権教育を通じて広く県民の人権意識の高揚及び人権尊重の態度や技能を育成することを目的とする。」(定款第3条)となっており、「大分県人権教育基本方針」及び「大分県人権教育推進計画」、「大分県人権尊重社会づくり推進条例」の目的とも合致するものです。

 

誰もが楽しく安心して暮らせる社会、真に豊かな県民の人権文化の創造のために、ぜひ皆様のお力をお貸しください。多くの方々のご入会をお待ちしています。

 

会員とは「県人教に団体加盟している研究会の構成員」です。

会員のみなさまには県人教ニュース「じんけん」、奨学金パンフレットをお届けします。

年会費は2,000円(地区研究会費別)です。