日本語の力が不十分な子どもたちの支援のために、次のホームページにたくさんの資料があります。

>>JSLカリキュラム(文部科学省)
日本語の初期指導が終わった後、日本語の力が不十分なため、日常の学習生活に支障が生じている子どもたちに対して、学習活動に参加する力の育成を図るためのカリキュラム。子どもたちの体験を日本語で表現したり、学習の過程を日本語でまとめたり、さらには学習したことを他の子どもたちに向けて日本語で表現したりといったように日本語による「学ぶ力」の獲得を目指す。

 

>>CLARINET(クラリネット 文部科学省)
海外子女教育、帰国・外国人児童生徒教育等に関するホームページ

 

>>かすたねっと(CASTA-NET 文部科学省)
「かすたねっと」は外国につながりのある児童・生徒の学習を支援する情報検索サイト

 

>>兵庫県教育委員会事務局人権教育課 子ども多文化共生センターホームページ
外国人児童生徒受け入れにかかる資料が豊富です。
(初期対応ガイドブック 修学支援ガイドブック その他、多言語版資料)

*新在留管理制度(出入国管理法)についての説明(多言語版)もあります。